緑でサラナって効くのか知りたい

健康診断で血液中のコレステロール値が高いと診断されたのですが、緑でサラナって効くのでしょうか。

 

コレステロール値が高くなる原因は様々ですが、食生活や運動習慣など生活習慣が影響を与えています。

 

例えば、昼間は外食が多く野菜をあまり食べなかったり、デスクワークが中心でほとんど運動をしないといった生活を送っていると、コレステロール値は高くなってしまうことがあります。

 

緑でサラナは特定健康食品で、コレステロール値を下げる働きがあります。

 

どうして緑でサラナって効くのかというと、1缶で105gの野菜を補うことができるからです。

 

緑でサラナには、ブロッコリー・パセリ・キャベツ・大根葉・セロリ・レタス・ほうれん草・小松菜・リンゴ・レモンといった野菜と果物が含まれています。

 

また、それだけで緑でサラナって効くのかと思われる人もいるかもしれませんが、緑でサラナにはSMCSというコレステロールを減らす作用のある天然のアミノ酸も含まれています。

 

SMCSは酵素の働きを活性化させてくれるので、肝臓で胆汁酸の合成を促してコレステロールを体の外に排出しやすくします。

 

SMCSはブロッコリーやキャベツといったアブラナ科に多く含まれている成分です。

 

 

緑でサラナの詳しい情報はこちらをご覧ください。