LDLコレステロールの基準値で正常の値ってどれくらい?高い場合の対処法

LDLコレステロールの基準値は120mg未満で、140mg以上は脂質異常症となります。

 

数値が120mg〜139mgである場合、基準値内と考えることができますが、動脈硬化へのリスクを考えた場合は治療が必要になる可能性があります。

 

脂質異常症とは中性脂肪が高くなると同時に悪玉コレステロールの値が高くなり、HDL(善玉コレステロール)が減少した状態です。HDLの数値が40mg未満の場合は「低HDLコレステロール血症」、中性脂肪の数値が150mg以上の場合は「高中性脂肪血症」という診断基準になります。

 

基準値を上回ったLDL値を低い状態にするための対処法としては、食事療法と運動療法があります。

 

生活習慣を変えてもLDL値の改善がみられない場合には薬物療法が検討されることもあります。

 

高い数値を減らす食事は適正なエネルギー量を心がけて食べ過ぎないこと、脂肪や糖分を多く含んだ食事は控える、血液中のLDLや中性脂肪を減らす働きをする納豆などの大豆製品、LDLや中性脂肪の吸収を妨げる作用をもつ食物繊維を積極的に摂ります。

 

運動はウォーキングなど有酸素運動を行います。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ