LDLコレステロールが高いとどんな病気になる?予防するために大事なことは?

LDLコレステロール値が高いと、様々な病気になる可能性があります。

 

そもそも、LDLコレステロールは血管を通って体に必要なコレステロールを運ぶための重要な役割をもっています。全身にコレステロールが運ばれなくなると体は正常な働きができなくなります。

 

しかし、悪玉コレステロール値が高いとスムーズに血管を通れずに血管に蓄積してしまい、血液が通るスペースが狭くなってしまいます。そのまま放置することにより血液はドロドロの状態になってしまうのです。

 

このような現象を動脈硬化症と言います。動脈硬化症はあらゆる症状を引き起こしてしまいます。

 

心臓に負担がかかるために引き起こされる心肥大、心不全、高血圧と各臓器の機能の衰えによる心筋梗塞、狭心症、脳梗塞があげられます。そして血管の破損による脳出血やクモ膜下出血が代表的です。

 

そのうえ動脈硬化は気付きにくいため知らないうちに病状が進行してしまうケースが多いのです。

 

動脈硬化の予防にはコレステロール値に注意し、高いコレステロールの量を減らすことが大事です。

 

今数値が高い状態で悩んでいる方も、日々の食生活を見直すことで、高い数値を下げることが可能です。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ