LDLコレステロールが高いとどうなるの?症状と病気の種類について

LDLコレステロールは人間の体に必要な脂質の一つですが、この値が高い状態になって増えすぎてしまうと血管壁に蓄積し、動脈硬化の原因となってしまいます。

 

動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や脳梗塞などの症状を引き起こし、最悪の場合、命の危険に関わることもあります。

 

特に、糖尿病や高血圧、慢性腎臓病、喫煙者などの危険因子を持っている場合には、動脈硬化やそれによる病気になる可能性が高いため、要注意です。

 

LDLコレステロールが高い人は、食事や生活習慣を改善し、LDLコレステロールを下げる必要があります。

 

脂っこい食事や肉類中心の食事は、コレステロールが溜まりやすく動脈硬化からさまざまな症状を進行させてしまいますから、野菜中心の食事にし、適度な運動を行うことが大切です。

 

健康診断などでLDL値が高いと診断された場合、自覚症状がなくても日頃から気をつけることが大切です。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ