LDLコレステロールが高いのはストレスと関係ある?

LDLコレステロールが高い原因としてストレスも関係します。

 

ストレスが働いている心理状態では、自律神経系という無意識に起こっている体の機能を調節する神経のうち交感神経系という神経が過剰に働くようになります。

 

すると副腎皮質という臓器から副腎皮質ホルモンの一種が盛んに放出されるようになります。

 

この副腎皮質ホルモンの原材料が実はLDLコレステロールなのです。

 

この需要に応えるために体内ではLDLコレステロールを盛んに作るようになります。

 

すると血液の中に含まれるLDL値が上がってしまいます。このようにストレスが原因となってLDLコレステロールが高い状態になります。

 

これを解消するには、やはりストレスから解放される時間を作ることが大切です。

 

運動や趣味、食事など何でもいいので自分が心からリラックスできる時間を作ってみましょう。これによって自律神経の働きは正常になります。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ