コラム記事一覧

LDLコレステロールが高い原因としてストレスも関係します。ストレスが働いている心理状態では、自律神経系という無意識に起こっている体の機能を調節する神経のうち交感神経系という神経が過剰に働くようになります。すると副腎皮質という臓器から副腎皮質ホルモンの一種が盛んに放出されるようになります。この副腎皮質ホルモンの原材料が実はLDLコレステロールなのです。この需要に応えるために体内ではLDLコレステロー...

LDLコレステロールは人間の体に必要な脂質の一つですが、この値が高い状態になって増えすぎてしまうと血管壁に蓄積し、動脈硬化の原因となってしまいます。動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や脳梗塞などの症状を引き起こし、最悪の場合、命の危険に関わることもあります。特に、糖尿病や高血圧、慢性腎臓病、喫煙者などの危険因子を持っている場合には、動脈硬化やそれによる病気になる可能性が高いため、要注意です。LDLコレ...

LDLコレステロール値が高いと、様々な病気になる可能性があります。そもそも、LDLコレステロールは血管を通って体に必要なコレステロールを運ぶための重要な役割をもっています。全身にコレステロールが運ばれなくなると体は正常な働きができなくなります。しかし、悪玉コレステロール値が高いとスムーズに血管を通れずに血管に蓄積してしまい、血液が通るスペースが狭くなってしまいます。そのまま放置することにより血液は...