LDLコレステロールが高いことは20代でもある?原因と対策を紹介

20代でもLDLコレステロールが高いことはあります。

 

社会人になり急に運動量が減ったり、一人暮らしなどで栄養バランスの悪い食事を摂ることなどが原因で増えることがあります。

 

20代でLDL値が高い人の特徴は、食生活が乱れてたり暴飲暴食が目立ちます。

 

運動不足や脂肪の多いジャンクフードなどを食べる機会が多いことも特徴的です。

 

20代で悪玉コレステロールが高い場合、LDL値を下げるためには、脂肪の多い食事や暴飲暴食は控えて、生活のリズムを整えることです。

 

10代は活発に活動する機会が多いため、コレステロールを溜めることが少なかった場合でも、20代に10代と違って活動する機会が減るとLDLが高い状態になることがあるのです。

 

20代はコレステロール値が高い状態ても、すぐに病気に繋がることは考えにくいですが、コレステロールが高い状態で年齢を重ねると重大な病気に繋がる可能性があるため、20代から食生活や生活習慣を改善するという対策が大切です。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ