LDLコレステロールが高いのに中性脂肪が低い原因とは?

中性脂肪は脂肪の一種なのでコレステロール値が高いと中性脂肪は高くなる傾向になると思われがちですが、中性脂肪が低くコレステロール値が高い状態になることもあります。

 

LDLコレステロールが高いのに中性脂肪が低い人は、食生活に原因があります。

 

LDLコレステロールが高い人の食生活は、緑黄色野菜や魚類や豆類や海藻類などの摂取量が少ないことが可能性として考えられます。

 

これらの食材にはどれも、高いLDLを下げて血液をサラサラにしてくれる成分が含まれているのですが、これらをあまり摂取しないで、肉類や乳製品や卵などばかり食べると、中性脂肪が上がらずにLDLが高いという結果になるのです。

 

また、中性脂肪が低いということは、脂溶性物質が少ないということです。

 

脂溶性物質とはビタミンAやβカロチンなどの脂溶性ビタミン類です。

 

ダイエットをして小食だったり偏食だったりすると脂溶性物質が不足して、中性脂肪が低くなるというわけです。

 

つまり、極端な小食や偏った食生活を送っていると、結果的に悪玉コレステロールが高いのに、中性脂肪は低いという状態になりやすいのです。

 

中性脂肪が低くなるとめまいや偏頭痛の症状が現れます。中性脂肪は高くても低くても体に問題が生じてしまいます。中性脂肪とLDLの値は基準値を保つことが大切です。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ