LDLコレステロールが高い原因は?加齢や運動不足との関係

LDLコレステロールが高い原因としては、加齢や運動不足、ストレスからの暴飲暴食などが挙げられます。

 

若いときと同じようにカロリーが高いものや、糖質の多い食事を摂っていると血液中の中性脂肪が増え、LDLコレステロールがどんどんたまっていきます。

 

その原因は、加齢とともに代謝が悪くなっていくからです。

 

運動をしたくても、仕事が忙しくなり、なかなか運動もできなくなったり、会社での人間関係などからくるストレスによって暴飲暴食をしたりすることで悪玉コレステロールがたまっていきます。

 

コレステロールは、私たちの体にはなくてはならない大切な成分なんですが、余分に増えると、体に悪い影響を及ぼします。

 

健康診断や人間ドックで、LDLの値が基準より高いときは、悪玉コレステロールが増加したためです。

 

原因を再認識して日常生活を送ることで、悪玉コレステロールの蓄積を予防できますし、改善していくこともできます。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ