原因について記事一覧

LDLコレステロールが高い原因としては、加齢や運動不足、ストレスからの暴飲暴食などが挙げられます。若いときと同じようにカロリーが高いものや、糖質の多い食事を摂っていると血液中の中性脂肪が増え、LDLコレステロールがどんどんたまっていきます。その原因は、加齢とともに代謝が悪くなっていくからです。運動をしたくても、仕事が忙しくなり、なかなか運動もできなくなったり、会社での人間関係などからくるストレスに...

遺伝でLDLコレステロールが高い可能性があります。血液中のLDL値が高い場合、食事や生活習慣が崩れることが原因と考えることができますが、実は遺伝の病気が原因となることもあるのです。悪玉コレステロールと呼ばれるLDLが遺伝的に高く、若い人でも心筋梗塞を起こす可能性が高い場合は、家族性高コレステロール血症が考えられます。健康な場合、LDLコレステロールは細胞表面にあるたんぱく質により細胞の中に取り込ま...

中性脂肪は脂肪の一種なのでコレステロール値が高いと中性脂肪は高くなる傾向になると思われがちですが、中性脂肪が低くコレステロール値が高い状態になることもあります。LDLコレステロールが高いのに中性脂肪が低い人は、食生活に原因があります。LDLコレステロールが高い人の食生活は、緑黄色野菜や魚類や豆類や海藻類などの摂取量が少ないことが可能性として考えられます。これらの食材にはどれも、高いLDLを下げて血...

普通は、LDLコレステロールが高いと食事の指導や体重を減らすように指導されますが、痩せているのにLDLが高い人がいます。これは遺伝的な要因や食事の内容による可能性があります。コレステロールが高いと必ず肥満気味の人というイメージがありますがそれは誤解です。遺伝性の脂質異常症の人は、普通の人よりもLDLの分解力が劣るので、心筋梗塞になるリスクが高くなります。なので、動物性脂肪の食材を控えて運動をするこ...

20代でもLDLコレステロールが高いことはあります。社会人になり急に運動量が減ったり、一人暮らしなどで栄養バランスの悪い食事を摂ることなどが原因で増えることがあります。20代でLDL値が高い人の特徴は、食生活が乱れてたり暴飲暴食が目立ちます。運動不足や脂肪の多いジャンクフードなどを食べる機会が多いことも特徴的です。20代で悪玉コレステロールが高い場合、LDL値を下げるためには、脂肪の多い食事や暴飲...